腰痛治療の伊澤整骨院 東京中野・JR中野駅から徒歩8分【接骨・柔道整復・鍼灸】 原因不明の腰痛でお悩みの方はぜひ当院へ
ホーム > 伊澤式花粉症対処法


 伊澤式花粉症対処法
投稿:

伊澤式花粉症

対処法

本法は私が考案したもので今迄、家族、知人を含め延べ200名ほどに試し8割程の人に良好な結果を見る事が出来ましたので、ここにその方法を開示したいと思います。

皆様の健康に微力でもお役に立てれば幸いに存じます。


@本療法の特徴 
a.無害である    

b.きわめて簡単である

c.即効性がある 

d.続けると花粉症を発症しない体質となる


A理論

T.花粉症は副交感神経優位の状態で発症する

U.副交感神経優位の状態を脱却できれば花粉症は発症しなくなる


Tについて
花粉など体内に異物が侵入し、マクロファージがそれを体にとって有害であると判断した場合、副交感神経が優位となり、それを体外に排出しようとします。
嘔吐、下痢、発汗、くしゃみ、せき、鼻水、痰が出る等体外に異物を排出しようとする作用は全て副交感神経優位のもとで発現します。


Uについて
同じ花粉症を吸い込んでも花粉症を発症する人としない人がいます。人によって花粉の有害性が著しく異なるとは常識的に言って考えにくいです。
花粉症の人は花粉症に対して、過剰に体が反応していると考える方が妥当だと思います。
ならば過剰に反応し、結果として副交感神経優位となっている状態を交感神経優位の状態に戻せれば花粉症は消失するのではないか!と考えました。


<副交感神経からの脱却>

A.打撲とシップ

打撲をして内出血等が起き、発熱して腫れ上がるなどの経験は皆様、大抵はあるのではないかと思います。
この時患部はどのようになっているかというと、血管が拡張し、発熱、発痛の状態を状態を呈しています。この時患部は副交感神経優位の状態となっているのです。
受傷した後、たいていの方は患部にシップを貼るのではないでしょうか?シップの中にはメントールなど清涼感を感じる成分とあとは”痛み止め”(消炎鎮痛)の成分が入っています。
痛み止めは交感神経を優位とし拡張した血管を収縮させる作用があります。
私は、ここに着目しました。


B.東洋医学と西洋医学のコラボレーション

手と足の全ての指の先端に井穴(せいけつ)というツボが存在します。ここには、自律神経の神経線維の塊りがあり、交感神経及び副交感神経のコントロールに密接に関係しています。そして花粉症を発症した場合ここのツボに市販の”痛み止め”(インドメタシンやフェブリナクなど)を含有した塗り薬を塗ります。
薬の効能に打ち身、ねんざなどの文言が入っていればおよそ大丈夫と思われます。詳しくはドラッグストアーの店員さんにお尋ねください。薬によっては、使用する人の年齢や一日に使用する回数に制限のあるものがありますのでご注意ください。

井穴に痛み止め含有の塗り薬を塗ると自律神経がコントロールされ副交感神経優位から交感神経優位にの状態に傾くと思われます。その結果、花粉が体内に侵入してもアレルギーが発症しにくくなり、継続して使用していると次第に花粉が飛んでいても平気な状態になる事が多いようです。
さらに便利なのは、手を使う仕事などでどうしても手に薬を塗ることができない方は、足の指だけでも十分効果は期待できます。効果は24時間程度続く場合が多いようです。




2018年2月19日(月)

<< 炭焼き人に病人なし
2018.1.29



はじめのページに戻る



伊澤整骨院
〒164-0001 東京都中野区中野1-60-9 加藤ビル1F
03-3365-5778

腰痛治療の伊澤整骨院 東京中野・JR中野駅から徒歩8分【接骨・柔道整復・鍼灸】 原因不明の腰痛でお悩みの方はぜひ当院へ

Copyright (c) 伊澤整骨院 All Rights Reserved.